読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

子沢山かあちゃんの牛歩

子育てや庭いじり。日々徒然。

広告

子供部屋の模様替え

before

f:id:dw335224:20170325080633j:image

after

f:id:dw335224:20170325080646j:image

 

長女と一緒に子供部屋の模様替えをしました。この部屋は長女と次女用の部屋です。勉強机はリビングに置いてあるので、今ある家具はベッドのみです。このベッドは二段にして使うつもりで購入したのですが、普段寝が浅い長女がきしむ音を気にして起きてしまうため、一段にして利用しています。

 

購入時は長女と次男用にと思っていたのですが、次男が長男と同じ部屋で寝るようになってからは、1つは長女が使用し、1つは物置になっていました。ちなみに子供部屋は男子部屋と女子部屋で2つ作りました。1人に1つ個室があれば理想なのですが、子供の数が多いことと、高校を卒業したら進学等で家から出る子も出てくるだろうからということで性別で分けています。

 

3年前までは、6畳の畳部屋に敷布団をしきつめて、6人雑魚寝していたのですが、長男が義実家にうつってからは5人になりました。マイホームに引っ越ししてまた6人の生活となり、しばらくは長男1人、他の5人は畳部屋に布団を敷き同室で寝ていました。

 

1番目が親とは別室に寝るようになり、2、3番目も別室に寝床を作ろうと二段ベッドを購入したのですが、結局のところ長女だけが利用する形にはなっていました。最近は次女➕私➕夫が写真に掲載した部屋の隣にある畳部屋で寝ていました。次女も小学生になることだし、「お母さんなしで眠れるようにならないとね〜。」夫がそう言うようになり、物置にしていたベッドを次女が使えるようにしようかと2〜3ヶ月前から思ってはいました。春休みに入り、いよいよ次女の小学校入学も目前にせまってきたので、今回子供部屋の模様替えをする運びとなりました。

 

次女もすぐ隣に長女がいるから心細くなくてすむと思い、2つのベッドを引っ付けました。そして両ベッド片側から降りれるように隙間をあけています。次女も自分の寝床ができたことで、「わ〜ぁ。すご〜い。」と目を輝かせて喜んでいました。

 

昨夜は私の添い寝ではなく、隣ベッドに寝る長女と一緒に眠りにつきました。心細くないようにと、雰囲気作りでコンセントライトも灯しました。

f:id:dw335224:20170325085032j:image

2人ともスヤスヤ眠っていることを確認してから、私も引き戸隔てた隣室で床についたのですが…。夜中、次女がうなされて大声を出し始め、その度に隣にいる長女も起きる始末となり、結局私は次女の隣にうつり、添い寝して一緒に寝ることになりました。

 

そうなのです。次女は夜中によく寝ぼけて、怒り始めるのです。結構な大声をあげてうなされるので、近くにいる人は起きてしまいます。背中をちょっとさすってあげるだけで、すぐに落ち着きまた寝始めるから添い寝している時はよかったのですが、別室になるとちょっと困りものです。

 

次女のうめき声で私が起こされるのはいいのですが、長女も起こしてしまうのは、新学期に入ると困ります。そういう意味でも、春休みのうちに寝床の変更が出来てよかったです。さあ今夜もうなされるのか、様子見していきたいと思います。

 

本当に日常の些細な出来事をブログにアップするのも…とは思うのですが、小さな子供がいる親御さん方からすると共感してもらえるかなという期待もあります。子供がいない方からすると、子供がいる生活ってこんな風なんだなあと感じて頂けるかなとも思います。

 

先日、下の子が2歳前で3人子持ちのママさんと話していたのですが、まだ添い乳で寝かしつけしているから夜中2時間おきに起きるという話でした。私も同じ時期を経験して、睡眠不足がきつくてたまらなかったと共感したことでした。そしてもう赤ちゃん育児をする気力は残ってないわ〜と呟きました。

 

その時に比べると、今は確実に育児が楽にはなってきています。次女が1人で問題なく眠れるようになれば、また一つ育児のハードルを乗り越えた感があり、長男の時から数えると15年続いた添い寝生活も卒業です。こうして子供たちは、徐々に親から離れていき、その地道で代わり映えのしない単調な生活の連続が、子育てということなんだなあと、ブログに書き込みすることで再確認することができます。

 

 

 

 

自転車通学と年度替り前の整理

義親が長女の入学祝いに電子辞書と自転車を買ってくれるということで、今日長女を連れて自転車を見に行った。通学用自転車として人気の高いブリジストンのアルベルトがいいとは考えていて、先日下見に行ってた夫もそう言ってた。長男が中学入学した時に義親に買ってもらった自転車もそれであり、義親は長男と長女で差をつけないで欲しいという気持ちがある。ちなみにアルベルトは、金属のチェーン部分が、ゴムベルトになっていて、金属のそれよりも外れにくいし錆びる心配もない。

 

中学通学で自転車が利用できるのも珍しく感じる。私が通った中学は郊外の新興住宅地の中にあったけれど、遠方から来ていた子でも、皆原則徒歩通学であった。長女の通う予定の中学は、学校と自宅で2km離れていたら、届けを出せば自転車通学可になる。ちなみに自宅と中学は2kmと少しの距離で、私の通った中学と生家との距離と同じ位だ。

 

私が自転車通学するようになったのは、高校生になってからだ。自宅から高校まで約6kmの道のりを、雨の日はカッパを着て毎日自転車で通った。同じ中学出身の同級生のうち、男子はほとんど自転車通学だったけれど、女子はバス通学と半々だったと思う。途中勾配の急な約1kmの長〜い坂があり、行きは下りで帰りは上りであった。時間ギリギリに家を出て、その長い坂の付近で同級生男子と鉢合わせするのは嫌だった。スピードを出せる所で出しておかないと、学校手前では上り坂もあることだし、学校に遅刻してしまう。背に腹はかえられぬ。長い坂を猛ダッシュでおりていく私の姿は、すさまじかったとは思う。強い風をうけるから、顔はムンクの叫び然に変形していただろうし、スカイダイビングをしている方の衣服が風船の様に膨らむけれど、似た感じでセーラー服の中に空気が入りパタパタいわせていたとは思う。

 

それを考えると、今私が住むエリアには坂がないなあとは感じる。長女が利用する通学路にも坂らしい坂は全くなくて平坦な道路ばかりだ。自転車や徒歩で移動するには快適な土地であるとは思うが、マイカー生活に慣れてしまった私は、どうしても近場であっても自動車に乗ってしまう。

 

今日は家の中の断捨離をした。お譲りできるものと、捨てるもの、売りに出すもの、分別作業をゴトゴトとしていた。幼稚園の制服やバッグ等は、譲る予定の方がいる。ランドセルは3月末までの期間限定でクラレが寄付を募っていることをネットで知り、メールで申し込みをした。長男と長女のランドセルを寄付しようかと考えている。長男のランドセル、捨てるに捨てれずに3年間保管していた。思い出の品として、子供が大人になるまで保管するのも一つの手だが、結構場所とるしどうしようかと思っていたところ、ネット検索で寄付するアイデアが浮かびよかった。

 

乱雑になっていた棚の整理もした。あまりセンスはよくないのだけれど、写真をアップをする。

 f:id:dw335224:20170323235039j:image

子供達が主に活動するリビングの一角にあるオープン式の家具。夫の趣味なんだけど、使い勝手に困る。私は見せる収納がうまくない。センスのある方は、さりげなく洋書を重ねたりするのだろうけれど…。見せる収納になると、物もごちゃごちゃ置けないだろうし、私はあえて隠すことにした。手前の収納ボックスはIKEAで買ったような気がするが定かではない。奥の目隠しカバー、実はランチョンマットなのだ。サブヒロモリのセール品。つっぱり棒とカーテンクリップは100均。もっとやり方があるのだろうけれど、思い浮かばない。インテリアを研究されているブロガーの方々が結構いらっしゃって、センスもいいし片付いてるし、見ていていい意味で刺激にはなる。今日断捨離を実行しようとしたのも、ブロガーの方々のおかげといってもいいくらいだ。いい意味で、ブログが色々と刺激にはなっているから、はてなの管理者さまには御の字ではある。

 

 

 

 

予防接種

 

予防接種のスケジュール確認と、予診票を再発行してもらいに市役所に行ってきた。今はどうなっているか分からないけれど、大体の市町村では、出産後に母子手帳とともに予診票がファイルされてある予防接種手帳をもらい、それにスケジュールも記されていると思う。子供達の公的予防接種はおおむね済ましてはいるのだけど、小学校入学前に接種するMR(麻疹・風疹混合)や、小学生になり接種するものがまだ残ってはいる。

 

これが1人目の母子手帳の予防接種記録

f:id:dw335224:20170323101721j:image

これは4人目の

f:id:dw335224:20170323101727j:image

 f:id:dw335224:20170323101934j:image

1人目出産時から4人目出産後までの間に、公的予防接種の内容も変更となり、母子手帳交付時に印字されていた表の中にはおさまらずに、「その他の予防接種」のページに公的予防接種記録を残さざるを得なかったことが分かるとは思う。子供達の産まれた時からすると、何度か定期予防接種の内容も変更があり、また出生年によって無料で受けられる予防接種内容も異なるために、接種もれがないかが心配になってくる。引っ越す前に一度市役所に確認に行ったのだけど、引越してきてからはそのままになっていた。住民票の移動届けを提出してから、予防接種の予診票も郵送で送られてきたのだけれど、あやまって捨ててしまったのか探してもなかった。

 

接種期限の迫っているMR2期と日本脳炎一期追加の予診票の再発行をしてもらうときに、子供4人の母子手帳の予防接種記録のコピーをとってもらい履歴を市役所に提出した。市役所を後にして小児科へ向かう。3月末までに接種しないといけないMR二期を接種してもらうために受診すると、日本脳炎も同時に接種してくれると受付の方が言ってくださり助かった。複数のワクチンの同時接種ができるようになったのも4人目が産まれてからの話だ。子供は注射を何本もうたれるのは苦痛かもしれないが、病気をもらうかもしれない小児科に予防接種のためだけに何度も受診することの方がデメリットが大きいとは思う。そういう意味でも予防接種の同時接種が可能になったことは便利だ。

 

最近は母子手帳のアプリも市町村によっては導入されているらしい。アプリだと予防接種内容の変更があれば、アプリを更新すれば表も新しいものに変わるだろうし、生まれ月に応じて「〇年〇月までに〇〇の予防接種を受けて下さいね。」と教えてくれそうだ。子供達が親になる頃には、ほとんどの母親がデジタル母子手帳を携帯するようになるのかな?今よりは確実に便利な世の中にはなってそうだ。

 

 

旅立ちの日

「もう大丈夫だろう。〇〇(長男)は。」卒団式の後の打ち上げから帰ってきた夫はそう呟いた。3年間お世話になったチーム。厳しいけれど、熱意を持った指導者のもと、長男はかなり成長したのではないだろうか。私は送迎はしたけれど、コーチや他の保護者とのやりとり、試合の帯同等、親としての務めのほとんどを夫に依存していた。夫は長男に力を入れてみてきた分、卒団式では感きわまる面があるとは思う。スポーツ能力が平均レベル以上の子供たちが集まっているチームだから、長男にとっては厳しい環境ではあったとは思うし、そこで精神的にも肉体的にも鍛えられたとは思う。長男は中学1年生の時、義親宅で一年お世話になった。引越しを視野に入れて、転校しなくてすむように、先に新天地に長男を送りこんだ訳だ。学校の部活に入らずに、クラブチームに入団した事に対して、義親は当初難色をしめしていた。スポーツのためでなく進学のために長男の面倒をみてあげてるのに…と。長男も親元を離れて新しい環境に慣れないうちから、厳しいクラブに入り、2.3ヶ月してからだったか辞めると言い始めた。私はやめて学校の部活に入ったらいいという考えだった。しかし夫がコーチと話し合いをもって、長男と実親を説得し、チームに残ることにはなった。長男が中学2年に進級して、一家で夫の実家の近くに引越しをした。それからは夫が実親に代わり全面的に長男のスポーツのフォローをし始めることになる。そうした経緯もあるからこそ、長男がお世話になったチームへの思い入れも、夫は強く感じているとは思う。夫自身はスポーツ経験者ではない。そういった側面もあり、子供たちがスポーツに取り組む事に対して、熱くなるのかなとも思う。子供に自分を重ねて、第2の青春を追体験しているというのか…。それはコンプレックスの裏返しなんかでもなくて、自分の人生になかったことを子供たちと一緒に体験することで、楽しんでいる感覚だとは思う。

 

親としての関わり方を評価するならば、私は夫にはかなわない。夫が先々やってくれるから、それに甘えて楽している部分があるとは思う。最近の子育て環境は、私が子供時代の頃とは様変わりしている。私もスポ少に入っていたが、親の帯同もそこまでなかったし、親同士が関わりをもつこともあまりなかった。昔は中学の運動会や部活に親が顔出すこともなかったが、今では顔出す親の割合の方が多い。少子化の影響もあるのか、教育の現場に保護者がより関わる事をよしとする空気が作られてきているのかもしれない。

 

私のPTAデビューは長男の幼稚園だった。12年前のことだ。それから4人、四つの幼稚園PTAを経験してきて、かなり精神的にしんどい思いをしてきた。それは私がコミュ障で対人関係能力が低かったからだ。その環境がどうこうというよりも、私が未熟な親だったから適応できなかっただけのことだ。そのしんどさも歳月を経るごとに減ってきた。場数を踏み人に慣れてきた事もある。そしてトラブルにならないように、付き合いの幅を狭めて、予防線をはるようにもなってきた。数々の対人トラブルを経験し、元々もったキャパの低さを自覚できたから、自分では処理できそうもない事には手を出さなくなった。そうやって自分にとって安心できるエリアを決め込んで守りに入ろうとする態度は、第三者からみると引きこもりにうつるとは思う。そしてこのスタンスを取れるのも、夫がいるからこそであり、もし夫がいなければ子供がいる立場上、もう少し外に出て行かざるを得なくなるとは思う。

 

今日は朝から雨。次男だけが登校していった。卒業式を終えた他の3人は、世間よりも一足先に春休みに入った。子供達が持ち帰った学用品の置き場所に困る。冬の間活躍した防寒着も、いらなくはなってきている。気候もよくなってきていることだし、春休みの間に徐々に片付けをしていけたらとは思う。

漫画日記

f:id:dw335224:20170320081100j:image

長男が卒業証書授与式に出席している時

f:id:dw335224:20170320081837j:image

次女は長女の試合場の隅っこで

砂遊びをしていた。

 

50km離れた場所にいても

電波さえ届けば

夫と私は電話でつながる。

 

義母から電話がかかってくる。

精米した米と果物を届けたいとのこと。

次男は家で留守番しているから

家はあいているよ。

f:id:dw335224:20170320092107j:image

 

次女と私は

グラウンドの隅っこに待機。

時々車を移動させ

近くのコンビニや良心市に寄り

時間をつぶす。

 

立派なシマトネリコの木が

2500円で売られていた。

欲しいなあと思い物色していると

「お母さん、車に入らないよ。」

私の気分を察した次女からチクリ。

 

学校から帰宅した長男から

電話がある。

今から打ち上げに行くとのこと。

 

その時には

夫は次男を連れて

食事に出かけていた模様。

 

昼下がり

女子2人を車に乗せて

高速にのる。

 

窓を閉めていると

暑い。

エアコンの温度を下げた。

 

 

家に戻ると

誰もいない。

 夫は次男のスポ少練習に

帯同していた。

 

まだ明るいうちから

浴槽に湯をはる。

長女が入った後に

私が入る。

 

お風呂につかっていると

泣き叫ぶ次女の声がする。

 

長女と喧嘩した様子。

久々の癇癪。

2日続けて外に出っぱなしだったから

疲れたんだろう。

 

風呂から出てしばらくすると

長男が帰宅。

打ち上げがかなり楽しかった様子。

 

夫と次男はスポ少の懇親会。

夕飯は三人分作ればいいだけ。

お汁と冷凍餃子とサラダ。

簡単にすました。

 

夜になり

懇親会から帰宅した次男と夫。

 

翌日には長男のスポ少の卒団式が控えているため

夫はビデオを買いに家電量販店

に出かけた。

f:id:dw335224:20170320092540j:image

紛失したばかりだから

安いものに決めさせた。 

 

夜、次女の寝かしつけをしていると

階下から焦げ臭いにおいがする。

 

下に降りてみると

長男がポテトチップスを

トースターで焼いていた。

 f:id:dw335224:20170320092847j:image

 

 

 

…………………………

 

三連休最終日。連日お天気もよく、お出かけ日和ですね。 ブロガーの皆さんの書き込みを読んでいても、外出率が高いことが分かります。私は外出したとはいっても、子供の試合帯同に出かけただけで、行楽した訳ではありません。長女は運動できたし、次女は他のチームに同じようについてきていた同世代の子供たちと砂遊びや鬼ごっこをして、公園に行った時のように遊べたとは思います。我が家は男3人、女3人の家族なんですけど、男組と女組にわかれて行動することが多いんです。この連休も例のごとく、二手にわかれて行動していました。

 

吹き出しつきのブログを書いてみたいな〜と思いチャレンジしてみたのだけど、うまくいきません。そこで漫画アプリをつかって、画像を漫画風に加工して添付してみました。家族日記を漫画風に描いていきたいな〜とか、ただの家族日記ではなく、誰が見ても興味深く楽しめるようなブログに仕上げたいなあとか、プロといっても良いくらいのブロガーさん方のブログを読みながら、夢は広がります。

 

ブログは奥が深いと思います。ブログがあれば、テレビはいりませんね。私は最近、全くテレビを見なくなりました。芸能人よりもブロガーの追っかけしている方が楽しいんですよね。追っかけといっても変な意味ではありませんよ。レベルの高いブロガーの方のブログは、テレビドラマよりも面白く思えるんですよね。最近の私はブログの虜になっちゃっています。

 

 

 

 

 

 

 

 

ブログ収益報告。

この1週間のGoogleアドセンスの収益報告です。

f:id:dw335224:20170319091659p:image

私は今、クリック報酬型のGoogleアドセンスしか利用していません。はてなブログプロ加入料と独自ドメイン取得料で月額800円弱かかっているので、その金額を回収できたらいいかな位の気持ちでGoogleアドセンスを利用しています。とはいってももっと収益あがらないかな〜と欲は出てきたりはします。

 

そこまで収益は得られないとしても、他のはてなユーザーの方々のブログは見放題だし、自分も備忘録として記録を残せる。サークル活動に参加している気分になれるんです。ほぼ無料で利用できているから安いもんです。はてなスターを外しているから、実際ははてなユーザーの方々と積極的な交流はできないアカウントにはなります。私がはてなスターを外した理由は、はてなスターがFacebookでいういいね!ボタンみたいな感じがするからです。スターをもらったら返さないといけないかなとか気になるし、読者なのに反応する人しない人と差が出てくるのも悪いかなと、色々気にしすぎてしまうんです。ストレス要因になるものは避けようと思って、はてなスターを外しました。

 

今日も子供の試合帯同。グラウンドの隅っこでブログの書き込みをしています。長男の卒業式は夫に出てもらうことにしました。午後の次男のスポ少送迎と懇親会も夫にお願いしています。昨日も来たグラウンドとはいえ、不安になってiPhoneのGoogleマップのナビを利用して現地に来ました。ブログの書き込みしながら、「あの言葉の意味はなんだったかな?」とか不確かな情報を検索するのにiPhoneを利用しています。すると充電残量の減りようの激しいこと、激しいこと。昨日は家に帰宅するときには充電残量が20%以下になっていました。外出した時には、車で充電できるケーブルなんかがあると便利ですね。まあ私は普段は自宅にいることが多いので、たまーに外に出ると、勝手が違うなあと不便に気がつくわけであります。

f:id:dw335224:20170319100926j:image

👆山の中のグラウンドです。グラウンドは山の中にあることが多いです。車のナビよりもGoogleマップのナビの方が頼りになるんです。

 

広告