子沢山かあちゃんの牛歩

Freies Material☆Japanese landscape☆public domain

クリックで救える命がある。

上手い素人の書き手

ネットサーフィンしていて思うんだけど、作家並みに上手い書き手の方々がたくさんおられる。私は文学の事を知らないから、批評も何もできないのだけれど、これだけ多くの方々が書き込みしている世界があるから、本も中々売れなくなるだろうなあとは思う。作家さんが小説の中で作り上げる世界は、妄想の延長。そしてブログやSNSへの書き込みも、人によっては私小説?また人によっては、メールのようにリアル友との連絡手段にもなりうる。その使い方が人によって異なるから、衝突もおきやすかったりはするのだろうか。また言葉の使い方、その捉え方も、人により異なる。

 

昨日ネットサーフィンしていて、ある方の面白いブログの書き込みをみつけた。記憶も適当なんだけど、はてなブログProの申し込みをすると10個のブログを開設できる。だからAブログを攻撃するBブログを作り、それを仲裁するCブログを作り、傍観するDとEとFブログを一人で作ってしまえると…。ギャグで書いた文章とは思うけど、正直私にはできないとは思った。

 

一つのブログの書き込みするだけで、大して文字数も多くないのに、非常に難儀だ。知識と語彙が足りないから、文章がでてこない。色々なブログやSNSに手を広げすぎて、同時並行で進めるのも大変。そろそろ一つに絞らないといけないなあと考えているとこだ。

 

 

 

 

 

広告