読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

子沢山かあちゃんの牛歩

子育てや庭いじり。日々徒然。

広告

書きたくなる病

広告

なんとなくblogに書き込みしたくなる。そんな気持ちでblogに書き込みしている方は少なからずいらっしゃるとは思います。PV値ははてなブロガーの皆様の中でも、底辺に近いとは思いますが、それでも構わないんです。特に人目をひくようなblogでもないし、そこまで注目を浴びたい訳でもない。かつてnoteにblogを書き込みしていた時には、単なる勘違いなのかもしれないのですが、はてなよりはPV稼げていたんです。でも不特定多数の方に晒されていることが、引きこもりな自分からしたらプレッシャーに感じられ、noteよりもclosedな印象のあるはてなにお引っ越ししてきました。

 

毎日書き込みしていてもPV値なんて雀の涙程、おそらく購読者ゼロになっても書き続けるとは思います。時間に余裕があればの話ではありますが…。復職したらネットを見る時間もなくなるとは思いますし、いつ病気になるかも分かりません。ネットを見なくなったとしても、自分にとっても周囲の人に対しても、何の影響も与えないのです。何故ならば匿名のNEET主婦がくだらない話を書き込みしているだけだからです。

 

最近ツィッターのTLに顔写真がよく流れてくる、どこかの国の裸の王様いますよね。私の一番苦手なタイプです。その方とお会いしたこともなく、報道を見ての印象だけから人を判断している訳ですが…。何の説明もないとしても、写真見ただけでその人のタイプって何となく分かりますよね。まあ一言で言い表すとしたら「ギラついてテカテカ光ってる?」あんなに人を敵に回して、うん10年後自分がこの世からいなくなった時を考えないのかなあとは思いますね。まあNEET主婦からしたら、ネット界隈は劇場で、その裸の王様もキャストですよね。その方も意図的に憎まれ役の悪代官を演じているのかもしれないですよね。事実は本人のみぞ知る?甘い汁を吸おうと、各方面から接触試みている人の様子もリアルタイムでネットニュースで流れてきていて、ネット壺はまさに、世界をまたぐ大劇場ですよね。

 

以前の私は書き込みすることもなく、ずーっとネット界隈を見てきただけだったのですが、身内の死も経験し、いつ自分が死ぬかも分からない。なんの取り柄もなかったNEETでも、生きた痕跡を残したくなったんです。なんの面白みもない下手くそな文章なんて、我が子さえも要らないというかもしれない。でもそれでもいいのです。これは自分自身を納得させるための自叙伝でもあるのですから…。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

広告