読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

子沢山かあちゃんの牛歩

子育てや庭いじり。日々徒然。

広告

みんなで楽しめる夕飯作り

広告

我が家はよくピザを作ります。生地はHBにお任せして、成形と具材の盛り付けは子供達がやってくれます。ちなみにドライイーストは赤サフを使用しています。

 

 

昨日は長男と長女がピザ職人になってくれました。ピザソースなんですが、家にストックがない時には、ケチャップだけでごまかす時もあります。市販のピザソースを買うこともあるのですが、量が少ない割には割高?

今回は初めて

 

 を買ってみました。一缶約150円です。小鍋に入れて、みじん切りした玉ねぎとピーマンをチンしたものを加えて、水分量が減ってドロっとするまで弱火でコトコト煮込みました。

 

今回の具材は、ソフトサラミとピーマンとゆで卵とオリーブの実とチーズです。オリーブの実はたまたま安くなっていたので、普段は使わないのに買ってみました。

 

 子供達ははじめ「オリーブ嫌だ〜。」と嫌がっていたのですが、マックのバーガーに入っているピクルスみたいな味だよと言うと、不満も言わずにパクついていました。「オリーブ入れた方が美味しいよね〜。」夫は同意してくれましたが、子供達は入れても入れなくても反応は変わらない感じでした。

 

ピザの成形と具材の盛り付け方、1番上手なのは長男です。長男は大雑把な性格だとは思うのですが、工作や絵画といった製作は本気を出せばの話ですが、几帳面に丁寧に作ります。長女は工作などは器用に製作するのですが、昨日の長女のピザは皆に不評でした。長男が成形したピザに比べると、とにかく厚さがありすぎて、火の通りも悪かったんです。1枚目に焼き上がったのは長男のピザ。2枚目は長女のピザ。長男が作ったピザは薄めだったけれど、長女のピザは小さな丘状態。それをみた次男の第1声。「チーズ乗せすぎや〜。」盛り付けが多すぎで盛り上がっていたのではなく、実は生地が厚すぎたのです。皆ブツブツ言いながらも、長女の作ったピザをとりパクリ。せっかく作ったピザをけなされる長女が可哀想だったので、親2人はきちんとフォローはしましたよ。「作ってくれてありがとう。」

f:id:dw335224:20170122134553j:image

 

 

 

夕飯後は、珍しくピアノを触り出す次男と、その周りでフラフラする次女の姿がありました。次男が慣れない譜面を目で追いながら片手で弾いていたのは「君をのせて」です。最近テレビでよく放映されているジブリ映画が心に残ったのでしょうね。結構集中して弾いていました。

 

それから男子2人を連れ出し、夫はスポーツ用品店へと出かけました。なんでも長男がスパイクを見たいんだそうです。今回はスパイクの中敷を買ってきていました。

 

夜のお風呂はよく、長女と次女が喧嘩しながら一緒に入ります。毎日1つの入浴剤を入れるのですが、入れる入浴剤をめぐって2人は喧嘩していました。

「これを入れたかったのに〜。」

お風呂のドアを開けると、入れたかった入浴剤を手で持ち、泣きべそかく次女の顔がありました。

 

ちなみに最近はこの入浴剤を使っています。

 

今回初めて、PCで入力してみました。 スマホは手軽ですが、やはりPCの方が機能がたくさんあって、ブログに書き込むのが楽しいですね。しばらくはスマホとPC併用で、試行錯誤です。

 

広告