子沢山かあちゃんの牛歩

子育てや庭いじり。日々徒然。

広告

おにはそと ふくはうち

広告

「餃子作るから5時くらいに取りにおいで。」

義母から電話があった。

(良かった〜。今夜のおかずはそれで足りる。)

私から義実家へお菓子の差し入れをたま〜にすることはあっても、おかずはない。義母はよく、畑でとれた野菜や果物と一緒に手料理を分けてくれる。夫の実家の近くに引っ越してきて、頼れる人といえば、義母くらい。親しく付き合いする友人を、最近は作ろうとする気力がわかない。次女の幼稚園ママさん達と、交流することはたまにあって、何人かでお呼ばれする事があっても、長男の幼稚園時代とは違い、うちには招かなくなった。おそらく次女が小学生になったら、今以上に出不精になりそうだ。人と知り合う接点もなくなる。

 

義実家に餃子を取りに行った。義母はいつも家の前に出てきて、車を出そうとする私を見送ってくれる。そのあたたかい笑顔に、いつもほっとさせられる。いつまでも元気でいてほしいと思うし、義親が体を壊した時に、どこまで私がサポートできるのかなとは思う。社会的接点を極力もとうとしない私が、いざ人の援助をするとなったら、ろくに動けないんじゃないかとさえ思う。

 

私の実家の売買契約が成立したらしい。その際に、排水路の事で隣の家と行き違いがあり、その事がストレスとなり、父に狭心発作が起きニトロを飲んだらしい。父もかなり弱ってはきているようだ。急に何かあったりして、後悔はしたくないから、手作りのお菓子なんかを送ってあげようという気にはなった。私が今出来ることは、その位かなとは思う。

 

「鬼は外〜、福は内〜、パラッパラッパラッと豆の音〜。」

次女が幼稚園で教わった豆まきの歌を口ずさんでいた。

「お母さん、豆まきの後はバレンタインだねえ〜。」

そんなことも言ってた。

 

長女はいつも、おばあちゃん(私から見たら義母)におやすみの電話やメールをするのが日課だ。今日はこんなメールを送っていた。

「こんばんは

おばあちゃんもうすぐで節分だね!😆
 節分は、年のかずで決まるんだよ♪ 今度豆を買ってきて節分を、一緒にやりましょうね!  
おやすみなさい♪」

 

こんなことを書いていたんだね。成長を感じてなんだかホッとした。いつもは送受信したメールを長女がすぐに消すから見れなかったけれど、今日はたまたま見れた。

 

2月に入ったかと思えば、明日は節分。そしてすでに店頭にはバレンタインコーナーも設置されている。去年は新居に越してきて初めて迎えた雛祭りだったのに、お雛様も出さなかった。そんな気分になれなかった。今年はお雛様も5月人形も出してあげないといけない。

 

車を運転しながら、急に重苦しい気分に襲われることがあったと思えば、数分すると別のことを考えてケロッとする。以前の私だったら、感情の波に振り回されていたのに、リセットできるようになってきた。歳をとればとるほど、身の周りで起きた出来事を未消化のままにして、溢れでそうな感情に蓋をする事が増えていく。そうして溜まっていく心の澱が、ますます感情を鈍くさせていく。

 

どうにもならないことを、うじうじと思い悩む事をあまりしなくなった。ストレスになりそうな人は、徹底して避ける事で、自分の負の感情が湧き上がることも減らせるようになった。

 

鬼は外、福は内〜と、豆をまいたからといって、すぐに福が招かれるとは思えないけれど、鬼だけは来てくれるなよとは思う。この1年穏やかなる年であってくれますように…。

 

 

 

広告