子沢山かあちゃんの牛歩

Freies Material☆Japanese landscape☆public domain

クリックで救える命がある。

子育てやらマウンティングやらブロガーさんのことやら

金曜日の朝は、男子2人は睡眠不足。前日に夜遅くまでスポーツをしているから、寝が足りなくなってしまう。次男は朝ご飯食べてから、コタツでウトウトしてしまう。昨日は調子を崩していた長女、今朝は元気のよい様子でありホッとする。子供達の中で今一番大変な状況にあるのは長女であるのだが、どうしても男子2人のスポーツの付き添いに比重を置きがちな所もあり、昨夜夫はこれからは長女に注意を向けるようにしていくわと言っていた。最近は私も長女が寝る前にマッサージをしてあげたりして、心を落ち着かせるようにはしている。そうはいっても、兄弟の中で悪いことを一番してしまうのは長女だから、怒るときは怒っている。

 

普通に小中高をすまし、県外の大学に行った先で就職し、結婚して子供を産み、いつの間にか人生も折り返し地点に来た私。傍目から見たら順調に見えるかもしれないけれども、つじつま合わせをしながら、ようやくここまでこれた感がある。長女の将来を考えた時には特に、未来像が描きにくく、悲観してしまう。学力が追いつかなくても、情緒が落ち着いてさえいれば、親としてはまだ安心なのかなとも思う。だからここしばらくは、長女の精神面のフォローが必要かなとは思う。夫が常々言う。「〇〇(長女)が大人になり1人で生活できる事が目標だから。」と…。

 

次女は今日が園外保育。昨日から「〇〇に行くの〜。」と楽しみにしていた。教えてもないのに、時計を読むコツも覚えはじめた。今のところ、友達ともうまくやっている様子。一昨年、今の幼稚園に転園したばかりの頃は、出来上がってしまっていた仲良しグループの中に入り込めずに、泣きべそかいている時期もあった。園庭開放のときに、1人で次女の様子を見ていた私の背中を押して、他のお母さんと一緒にいるようにしてと言ってきた。お母さんたちも仲良しグループが出来ていて、1人でいる私の姿を見たくなかったのかもしれない。今では私も知り合いがいない訳ではないが、誰かとべったりするのが苦手で、一匹狼のスタンスで、ママ友と距離はおいている。 次女は上3人に比べると、人の気持ちを察したりするのが上手だ。周りの空気を読み行動するタイプなので、上3人に比べると、転校なんかで新しい環境に慣れるのも時間がかかる方だとは思う。今の幼稚園から同じ小学校へ上がる子達も多いので、その点は安心だ。上の子達の時は、あまりそういった事を心配することもなかった。以前いた地域が、人口も多く、人の入れ替わりがある方だったからという事もある。今は小さな市に住んでいて、幼稚園〜中学まで、馴染みの同級生が多くいるような環境でもあり、古株同士の連帯が安心材料にもなる事を意識せざるを得ない。親にとっても子にとってもそれは同じ。

 

若ママの頃は、ママ友の派閥闘争を目の当たりにして、私もその中に頭突っ込むこともあった。悪口合戦に加わったりもした。今は永住の地でもあるし、言葉には極力気をつけるようにはしている。狭い土地、言った悪口は、周り巡って本人の耳に届く。以前いた土地では、力をもつママが誰であり、睨み合っているのはどのママ同士かとか、他のママの実家や旦那さんの事なんかについてやたらと詳しいママが結構いたから、私も一緒になって噂を転送していたりした。今いる場所では、そうした噂が耳に入ってくるような付き合い方をしてないから、ママ達の情報をほとんど知らないし、興味もない。そうした類の噂話が、いづれマウンティングに繋がっていく事が分かるから面倒な事には頭を突っ込みたくない。

 

話は変わるけれど、私なんかは無職だからリアルでの体験をブログに書き込みしたからといって、不利益を被ることも少ない。手に職をもつ方で、職場のネガティヴな情報をブログに書き込みしている方々が結構いるけれど、大丈夫なのかなあとは思ったりもする。警察官をやめた方が、以前のネガティヴな職場体験をブログに書き込みしているのだけれど、職を辞した後だからまだセーフかなとは思う。おそらく、現在進行形の職場ネタを書き込みしたことで、職に差し障りがあっても、転職もしくはフリーでやっていける力もある方なのだろうと、その方々の筆力をみていて思ったりもする。

 

 

 

 

広告