子沢山かあちゃんの牛歩

Freies Material☆Japanese landscape☆public domain

クリックで救える命がある。

急に冬へ逆戻りと思いきや

昨日はかなり冷えました。最近は暖かくなってきていたから、緩んでいた気分が緊張して冬に引き戻された感じです。昨日の夜、男子2人は夫がお迎え&帯同してくれサッカーの練習。夕方に次女はピアノの体験レッスン。大学生と高校生の子供さんがおられる音大卒の女性の先生で、感じのよさそうな方でした。コンクール参加を積極的にすすめるような教室でもなさそうで、個人のペースで続けられそうです。来週から次女を通わせることにしました。

 

昨日とはうって変わり、今日はポカポカ陽気。次女を幼稚園に送っていき、庭仕事をしました。鉢植えの植物を花壇に移し変えしたり、まだ数少ない雑草を抜いたりしました。移植ゴテで土を掘り起こしている時に誤って木の根を折ってしまいました。おそらく紅葉の木の根だとは思うのですが、切り口を見ると、とてもみずみずしいので驚きました。地上に出ている木の枝を折っても、ここまでは水分量が多くありません。ちなみに写真左に写っているのは折れて落ちていたユーカリの枝葉です。

f:id:dw335224:20170303120403j:image

 

紫陽花からも可愛らしい芽が出てきました。

f:id:dw335224:20170303121038j:image

 

 この植物は名前が分かりません。

f:id:dw335224:20170303121053j:image

 

そしてこれは紅葉の周りに植えたヘデラ。この冬の時期にここまで生長したということは、夏場にかなり枝葉を広げそうです。

f:id:dw335224:20170303122824j:image

そしてこれはラヴェアンナ。

f:id:dw335224:20170303123230j:image

冬場に枯れてしまうと目論んでいたのですが、益々もっさりしてきた気がします。そしてラヴェアンナに負けじと顔を覗かせている葉もあります。これは多分雑草ではなく花を咲かせる葉だとは思うのですが名前が分かりません。

 

庭いじりをすると、なんだか元気になります。そこまで手をかけてはいないのに、植物は勝手に育ってくれて、変化する様子をみせて楽しませてくれます。先程ヘデラの写真をアップしたのですが、このように生き続けたヘデラもある一方で、枯れてしまったヘデラもあります。舅が植えてくれたパンジーたちも、1つの花を咲かせただけで、それ以上花を増やさなかった株もあります。一年草の株は、その年で見おさめにはなりますが、多年草の植物で今年冬越しした株は、来年も再来年も生き続けるような気もします。でもそれも気象条件に左右されるので確実ではありません。そんなに頻度は多くなくても、経時的に庭の変化を観察していると、ガーデニング初心者の頃よりは、植物には詳しくなり予測も出来てくる気がします。

 

今日は雛祭り。姑が先程持ってきてくれました。子供たちに雛祭りの意味を教えてあげてねと言いながら私に手渡してくれました。

f:id:dw335224:20170303123707j:image

今夜は手巻き寿司にする予定です。我が家の男勝りの女子たちが、少しはおしとやかになりますように。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

広告