子沢山かあちゃんの牛歩

子育てや庭いじり。日々徒然。

広告

書くことがないけど絞り出した

広告

私は社交的じゃなく家に招くような友達もいない。家族以外の人と接するとしたら、幼稚園ママか、スポ少のママさん、子供の習い事の先生。末っ子が卒園したら、毎日の送り迎えもなくなるから、仕事でもしないと引きこもりも加速するとは思う。

 

最近、幼稚園ママと話した時には、卒園式のママの服装や、小学校入学の準備品についての話題が出た。今の幼稚園は、私と同じように専業主婦をしているママも結構いて、学童の話も出ていた。小学1年生は下校時間も早いし、子供もまだ慣れないから、ママが復職するとしたら学童に預けられたら安心だけど、パートの給料だと学童の料金を払うのがバカらしくなるという話も出ていた。

 

私にとっては上の子から数えると、長かった幼稚園ママ生活がやっと終わる訳なんだけれど、なんやかんやあったけれど、子供達が通った幼稚園で出会ったママさんに色々と話を聞けた事は、とても勉強にはなった。ただ幼稚園ママをまだ続けたいかと言うときつい。母子べったりで周囲の母子にあわせて行動するのは、とにかく気疲れしてしまうのだ。

 

これが小学生になれば、親同士の接触もかなり減るし、PTA活動も義務的に行うだけで、付き合い方もあっさりしてくる。この1年、長女のクラスのPTA役員をしたのだけれど、執行部の方があらかじめ仕事内容を割り振りして下さっていて、マニュアルもあって、かなり楽だった。役員同士が話し合いをして決まり事をつくる必要もなかった。一緒に役員をしていたママが誰の子の親かも分からなかったり、名前さえも知らない方もいた。一緒に役員をしたメンバーの中には、仲良しママ同士で「やります。」と挙手したんだろうなと思われる方々もいたけれど、私みたいに単独で「やる人がいなければやります。」と役員決めのアンケートを提出して役員することになった人も中にはいたとは思う。別の県になるのだけれど、上の子が小学生の頃にもPTA役員をした。その時は精神的にきつかった。取り決めする事が多かったし、役員の責任が重かったからだ。

 

上の子から数えると、数多くのPTAの現場を見てきたけれど、地域や組織によって取り決めは違うし、集まる親の色も異なる。空気を読みすぎると消耗はするけれど、程々に空気は読んだ方がいい。PTAで対人トラブルがあったからといって子供をやめさせるわけにはいかないのだから、人とトラブらないように気をつけるのが鉄則だ。私は社交性が低く、人づきあいが苦手なタイプだから、例えば執行部に入って人をまとめる側にはたてない。私のようなママは、最低限の義務だけは果たして、目立たないように振る舞うしかない。そして出会うママたちに深入りしないこと。若ママの頃は深入りしあう付き合いを何人かのママとしたんだけど、仲良くなりすぎてすれ違った。今は特別仲の良いママというのを作らないようにはしている。

 

ママが社交性はないとしても、子供は友達を作るし、家に遊びにくる子もいる。これが家族ぐるみとなると、私的にはしんどい。料理上手で明るくてコミュニケーション能力の高い奥さんだったら、家にしょっ中人を招いているんだろうけれど、私にはそれが出来ないかな…。

 

今朝、次男坊がしまっていた段ボール箱を開けて、長男が使っていた教科書なんかを探していた。塾の勉強に使うようだ。次男はお兄ちゃんが読んでる漫画や本も見るし、ゲームもする。いい意味でも、悪い意味でも、下の子は上の子の影響をうけるのだなとは思う。長女は昨日姑に「明日お昼御飯を食べに行く。」と約束していたのに、「やっぱり録画していたテレビを見たいから行かない。」と朝電話をしていた。長男は学校。真ん中2人は塾。夫は県外に出張。私と次女と2人で自宅待機。夕飯はなんにしようか?既にそんな事を考え始める土曜日の昼時。

 

 

 

 

広告