子沢山かあちゃんの牛歩

Freies Material☆Japanese landscape☆public domain

クリックで救える命がある。

日々徒然

ブロガーの子供さん方が、中学受験のための塾に通われている話をよく耳にする。地方に住む者からしたら異世界の話に聞こえる。私は地方で育ち、小〜大学まで公立畑で過ごした。塾も私立校も無縁の人生だ。子供は塾や公文に通わせているが、日能研や能開やSAPIXといった、中学受験に特化した塾ではなく、田舎の寺小屋的な塾だ。

 

地方は私立の中高一貫校よりも、公立高校の方が進学率や地元受けもよく人気が高かったりする。だから中学受験よりも高校受験を意識した塾が大半を占める。極少数が県外の難関中学へ行ったとしても親もついていかないと、慣れない寮生活に挫折し地元に戻ってくる者もいる。

 

子供達が皆、大学まで行くかも分からないが、もし進学や就職で都会に出ても、慣れるまで時間がかかるだろうなあとは思う。田舎と都会では、生活スタイルからして違う。格好や身だしなみも洗練されているだろうし、言葉も標準語、おつきあいのルールも微妙に違うだろう。

 

旅行なんかで指折り数える位しか都会に出たことのない私からしたら、都会に憧れは抱くけれど、子供達が永住する土地にはしない方がいいんじゃないのかなと、都会を知らないぶん恐れを抱く。

 

よく田舎に住む親が、都会で仕事をする息子に電話をかけて、「早く結婚して地元に戻ってきなさい。」と方言で喋る一場面がCMやドラマで放映されるが、都会に出たがっている長男に私も、同じプレッシャーをかけそうだ。

 

私は地方の進学校を出たけれど、同級生の内、よく勉強の出来た子達は、都会の大学に行き、そのまま大企業なんかに就職した子が多い。そうした子達が地方に戻るにしても、就職先が中々ないのかなあとは思う。今は同窓生とも接点がないから、同級生の近況も知らないけれど、都会で就職した子達はそのまま都会に住み続けているのではないかなあとは思う。

 

同級生達は皆、今年40になる歳で、大学進学で親元を離れ実家に戻らなかった人は、生家で過ごした年月はとうに超えてしまっている。都会にしろ田舎にしろ、「住めば都」ではないけれど、長く住み続ければ馴染みの人や店もでき始めて、第2の故郷のようにその環境も思えてくるのだろう。

 

田舎の新天地にマイホームを建てて、ここを永住の地と決めてから、考え方も益々うちこもりになってきている感じがする。人間関係の幅も狭めようとしているし、危ない橋を渡るような事にはならないようにと、先まわりして考えると、行動に益々抑制がかかる。歳をとるごとに石のようになりつつある。

 

人生も折り返し地点。寿命が短ければ、生きてきた人生時間の方が長い訳だ。自己流を今更変える気力もないし、新しい環境に身をおく事で受けるストレスも、歳をとるごとに強くなる。自身は冒険はしたくないとしても、違う世界は眺めてみたいという願望はあるのだなあと、ネットにはりつく自分を客観視すると分かる。

広告