子沢山かあちゃんの牛歩

子育てや庭いじり。日々徒然。

広告

エイプリルフール

広告

👦「お父さん、頭のてっぺん10円ハゲがあるよ。」

👨「えっ‼︎」

👦「今日は何の日でしょう?」

🙋「冗談にもならんやろ。」

 

昨日はエイプリルフールということで、ツィッターでも#エイプリルフールの投稿が目立っていましたね。とうとう四月に入ってしまいました。新年度に入り、お勤めの方は移動などもあり、職場環境が変わる方もいて慌ただしいことだとは思います。私は自宅警備員なので、新年度に入ったとしても、代わり映えのしない日を過ごしました。中学入学を控えている勉強が苦手な長女に、「少しでも覚えよ。」とチェックペンセットを買って渡しました。暗記したい項目をマーカーして緑のシートをかざすと、マーカーした文字が見えなくなる文房具です。すると長女はマーカーする事に必死で、中々覚える所まではいきません。

 

庭の植物達も、新芽が芽吹いていたり、若葉が生えてきたりして、みるみる内に生長している様子が分かります。

f:id:dw335224:20170402171122j:image

f:id:dw335224:20170402171133j:image

f:id:dw335224:20170402171449j:image

 

小さなツツジがもうすぐ開花しそうです。

f:id:dw335224:20170402171154j:image

 

花ニラが開花しました。

 f:id:dw335224:20170402171311j:image

 

100円でゲット。サイネリア。

f:id:dw335224:20170402171524j:image

 

春、植物達はその瑞々しい様をみせて、楽しませてくれます。先日鏡の前に立ち髪をかき分けてみると、白髪がまた増えた事に気がつき、年取ったなあと感じたことです。自分自身ではなく、興味の対象が植物になってしまうのも、自身の老いを直視したくないという潜在意識があるからだからなのかなとは思います。

 

ブログ界隈は現実と人の脳内世界が混在している世界。「どんぶらこ〜。どんぶらこ〜。」とプカプカ浮いて現実逃避できて、私にはとても居心地が良く感じます。嘘か真か分からないような世界だから、エイプリルフールもあってもないようなものですね。専業主婦な私は社会との接点もほとんどないから、その嘘か真か分からないような界隈にどっぷり浸かってしまってはいますが…。

 

ブログを備忘録として、手帳がわりにも使っているから、このアカウントがリアルの私以上に記憶を残してくれて、アカウントが作り上げる別人格は勝手に一人歩きしてはいると思います。実際、過去の出来事を思い出せない時に、ブログの記事を手掛かりにしている自分がいたりします。よくドラマなんかで老夫婦がお茶を飲みながら、「爺さんや〜。町で蕎麦を食べた時に会った人って誰じゃったかな?」とお婆ちゃんが問いかける場面が出てくるけれど、私にとってこのブログアカウントは「爺ちゃんの記憶」でもあるかもしれません。実際の相方である夫(爺ちゃん役)もこのブログをたまに読んでるから、爺ちゃんとのコミュニケーションツールでもあるんですがね…。私はリアルでは口下手であまり喋らないから、ブログで夫が初めて知る事実も多々あるんです。ブログもリアルに忠実に書き込みしようとしてはいても人目を意識するから、どうしても脚色されてしまいますよね。その脚色が大袈裟になると嘘っぽくはなるから、年がら年中エイプリルフールやっちゃってますって事にもなりかねない。それでも許される界隈だから居心地もよかったりする。すでに今日はエイプリルフールも過ぎてしまっていますが、備忘録としてネット大海に記事をアップします。

 

 

 

 

 

 

広告