子沢山かあちゃんの牛歩

子育てや庭いじり。日々徒然。

広告

初登校。

広告

f:id:dw335224:20170410234149j:image

キラキラ光る、まるで宝石箱のようなパールピンクのランドセル。飽きがきそうだからと、私はオーソドックスな方をすすめたのだけれど、次女がこれがいいというものだから、義母に買ってもらった。 

 

新一年生は、学校から配布された交通安全の標語が書かれたランドセルカバーをつけるから、次女のその派手なランドセルも、あまり目立ちはしない。黄色のカバーをつけたランドセルを背負った次女と、高学年になった次男坊。今朝は2人で揃って登校する初めての日だった。

 

入学式でもらった教科書一式ランドセルに入れたものだから、玄関に腰掛けて靴を履こうとしている時に、後ろに倒れそうになる次女。まだランドセルには慣れない。

 

ようやくここまできたか〜と、自分の足で学校へ向かう次女の様子を見て、4人めの末っ子だから、特に感慨深く感じられた。自立へとつながる、一つの大きな節目の日でもある。

 

とはいってもまだ、下校時の見守りは数日必要となる。長女も今日、初めての自転車通学の日であった。前日に確認のために、長女と一緒に自転車で中学へ行く練習をした。自宅から中学まで、いくつかの経路があるのだけれど、狭い道は朝特に混んで危ないから、大通りを通るようには注意した。

 

1番の心配のタネの長女は、機嫌よく帰宅し、その様子を見てひとまず安心した。次女は少し疲れている様子。小学校は幼稚園の時とは雰囲気も違うから、幼稚園が楽だったと呟く。「小学校よりも中学校の方がもっと大変なの?」「中学校よりも高校の方がもっーと、もっーと大変なの?」

 

まだ小学校に1日しか通ってないのに、飛躍した質問をしてくる次女が可愛らしい。上の子たちの初登校の際には、次女みたいに子供らしい言葉は呟かなかったような気がする。私が覚えてないだけかもしれないし、その当時我が子の言葉にじっくり耳を傾ける余裕が今みたいにはなかったのかもしれない。

 

f:id:dw335224:20170411000133j:image

玄関先の寄せ植えの鉢に植えたシクラメン。中々花を咲かせないなあと、半ばあきらめていたのだけれど、3月になり一輪咲き始め、それからしばらくして続々と花を咲かせ始めた。写真にうつる花の背後に、蕾がひょこっと顔出していることが分かると思う。

 

暖かな日が続いたかと思いきや、今日はしまっていたダウンを出して着ないといけない位に冷えた。午後から雨はシトシトと降り続いており、新入生にとっては酷だったかもしれない。

 

4月も中旬に入りました。まだ天候は安定しませんが、ブロガーの皆様も体調に留意しながら、引き続きブログ投稿を楽しみましょう。

 

 

 

広告