子沢山かあちゃんの牛歩

Freies Material☆Japanese landscape☆public domain

クリックで救える命がある。

はてなブックマークやスターボタン

私は今、はてなブックマークのボタンもスターボタンも外しています。はてなをはじめた時にはつけていましたが、しがらみが出来てきたりしてきつくなりそうだったので外しました。リアルでも対人関係能力が低いために、人付き合いをなるべく避けて生活している私です。ネットだったら人と積極的に交流できるかと言うとそうでもなく…。

 

今日ある方のブログを読ませて頂き、はてなブックマーク世界の、否定的な側面を知る事ができました。ブックマークがたくさんついてエントリーにものると、時には誹謗中傷にあたるようなコメントがくるらしいです。2ちゃんのように何年もその界隈にいる住民もいるようですね。

 

はてなブックマークが沢山ついて、はてな村で知名度が高まると、自ずとかなりのPV値も得られるから、魅力的なサービスとは思います。でも万が一炎上した場合に、web業界に頼りになる存在でもいないと、正直怖いかなという気もします。

 

はてな村で著名な他のブロガーさんのブログも読ませて頂きました。その方の元には、「素性はばれている」と脅迫めいたコメントが送られたりするみたいです。何万PVも稼げる有名なブロガーさんは、憧れることもありますが、アンチも増えるという事でもあるので、打たれ強くないとブログは継続できないだろうなあとも思います。顔出しなしの匿名アカウントであっても、言葉で攻撃されるのは気持ちのよいことではないとは思います。

 

長くネット界隈に棲息していると、この方はweb業界にコネがありそうだとか、この方は全くのフリーでネト活動されているのだなあとか、素人目に見ても分かってきます。web業界に何のつながりもない状態で、ネト界隈で派手に活動するのは、リスクが高いかなという気もします。

 

このブログアカウントの自己紹介にはブログで小遣い稼ぎできたら…と書きました。でもネト界隈で活動していく上での一番の目標は、炎上で締め出されるような事態にならず、末長くネト界隈に棲息できることなのではないかなとは思います。炎上を知名度アップの手段として使う方もいるけれど、炎上で成功する方の多くは、web業界の後ろ盾があるのかなとも思います。

 

ある方のブログにも書かれてありましたが、ブロガーさんの中で書籍化される様な方は、あらかじめスポンサーが背後についているらしいです。確かに匿名の新参アカウントであっても、メディア媒体ではじめから注目浴びるような紹介のされ方をするアカウントってあります。匿名といえどもIPアドレスでそのアカウントの持ち主って特定できますし、ネット界隈で有名になるような方や、ネット界隈で問題を起こしたとみなされるブラックユーザーの情報はメディアを運営する側でその情報も共有されているのではないかとは推測できます。

 

ネット界隈って自由に活動できそうにみえて、実はリアル世界よりもっと不自由な世界なのかもしれませんね。昨夜寝る前に書き込みした内容で、いつもながらまとまりはありませんが、ここまでで投稿をアップさせて頂きます。

広告