子沢山かあちゃんの牛歩

子育てや庭いじり。日々徒然。

広告

昨年庭に咲いたひまわりの画像

広告

2016.7.5 日々徒然

「おかあさん、昨日蝉が鳴いていたよ〜。」長女が今朝教えてくれた夏の調べ。ここ数日は晴れ続き、日中の気温上昇も甚だしい。昨日撮影した↓庭に植えている向日葵は、今朝の水遣り時には、深呼吸するかのように花弁を全開させた。

f:id:dw335224:20170501201059j:image

f:id:dw335224:20170501201107j:image

 スモモに続き、自家製西瓜もばあばから頂戴する。朝食に西瓜を出すと、小学生2名は口の端を濡らしながら喜んで頬張った。「水筒に氷入れてよ〜。」学校へ持っていく水筒の準備をしていると、注文が入る。

 

毎日制限時間一杯、園庭開放で羽を伸ばす幼稚園児は、昨日はあまりもの暑さでギブアップ。もくもくと上空にそびえ立つ入道雲にめがけるように放った紙飛行機は、手の汗を吸い重くなっていて、螺旋を描き無残にもすぐに地に落ちてしまう。「おかあさん、もう帰ろう。」と次女は訴えてきた。真冬や真夏は、園庭で遊ばせる親子の数が減る。

 

今日も昨日とは変わらない暑さであったが、仲の良いお友達も一緒だったからか、2時から3時まで遊び通した。幼稚園から駐車場までの道のりをお友達親子と一緒にトボトボと歩いていると、道端の田圃の方に目がいく。稲の色に似た藻がぷかぷか浮いた水面を見ていると、時折凹みができる。足の生えかけたおたまじゃくしが息継ぎしているのだろう。「おたまじゃくしはね〜。カエルの赤ちゃんなんだよ〜。知ってるぅ〜。」知り得た知識を得意げに披露する次女。汗で濡れた髪の毛が日焼けと熱で真っ赤になったほっぺに貼り付いている。

 

窓を開けて風を通すだけでは、寝苦しさを感じるようになり、エアコンをつけはじめた。暑がりの長男と寒がりの夫では、希望するエアコンの温度設定が違う。エアコンの風があたりすぎると夫は体調を崩す。最近は長男が別室で寝るようになり、エアコンのリモコンの主導権をめぐる問答は解決された。

 

個人懇談の日程表のお便りや、夏休みのイベント紹介のチラシを小学生達は持ち帰るようになり、いよいよこの季節の到来と、げんなりする。長〜い夏休み。子供にはパラダイスなのだろうけれども、親にとっては魔の約40日間。どうやって過ごそうかと、今から途方にくれる。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

広告