子沢山かあちゃんの牛歩

子育てや庭いじり。日々徒然。

広告

害虫対策

広告

ガーデニングには害虫がつきもの。我が家の紅葉も昨年、イラガが大発生しました。秋にはシマトネリコにはハマキムシが大発生して、葉をかなり食べられてしまいました。

f:id:dw335224:20170522055119j:image

このミニバラはアブラムシに葉を食べられています。

 

ネットで調べていると、植物の周りに粒状の薬剤をまき、根から薬剤を吸収させて、薬剤が浸透した葉を食べた害虫を殺す農薬があることを知りました。それはオルトランです。

f:id:dw335224:20170522055752j:image

 背の高い木になると、上の方に農薬を噴霧するのが難しいために、木の根元にまいただけで効果のあるこの農薬は便利だとは思いました。

 

姑にこの農薬について尋ねると、すでに持っていたので、少し分けてもらいました。

 

f:id:dw335224:20170522060400j:image

 

ただしこの農薬はてんとう虫といった益虫も殺してしまうらしく…。(↑芍薬の花にてんとう虫がついています)

そしてこれをまいてしまうと、あちこちに生えてきているシソの葉を食用に使えなくなる恐れがあります。

f:id:dw335224:20170522082839j:image

 ↑これは昨年種が飛んで生えてきた赤ジソです。オルトランは害虫に悩まされてどうしようもなくなった時に、最終兵器として使うことにしました。

 

そこで今出来る対策として、イラガの卵を除去することにしました。イラガの卵とはこのことです。

f:id:dw335224:20170522060847j:image

 昨年羽化した後の抜け殻の卵も混ざっています。中を破ると…。

f:id:dw335224:20170522060824j:image

サナギが見つかりました。これを火バサミで除去し潰します。

 

時期的にイラガ対策をするには遅すぎたのかもしれませんが、毛虫を見つけるようになったら、オルトランを使うことにします。

 

そして蚊や蚊に似た小さな黒い虫が我が家の周りには大発生しています。私が住んでいる分譲地は、周りが農地や空き地だったりするために、虫さんは沢山集まります。家の周囲の害虫対策になると思い、蚊取り線香を買ってきました。

f:id:dw335224:20170522083304j:image

アロマ効果も期待できる↑この蚊取り線香、昨日風呂場の外とベランダに設置してみましたが、結構よかったです。家の中で使うと、煙が充満し体にもよくない気がするから使う気にはなれません。でも外だと、網戸を通して入る煙も少しだけだし、アロマの香りに癒されます。そして害虫も劇的に減りました。風呂場の網戸にいた害虫はほとんど見なくなりました。ベランダに洗濯物を干しているのですが、洗濯物にへばりつく虫もなかったです。洗濯物への匂いうつりが気になる方は、洗濯物を取り込む少し前に蚊取り線香をつけるとよいかもしれません。

 

 

 

広告