子沢山かあちゃんの牛歩

子育てや庭いじり。日々徒然。

広告

ご無沙汰です。

広告

このブログ、定期的に目を通して下さる方がはたしているのかどうなのかも怪しいのですが、最近ブログの更新が滞りがちです💦私は文章を書くのが人よりも時間がかかっているのか、ネットチェック→ブログ書き込みをしていると、無駄に時間をつかい、他にやらないといけないことに費やす時間がとれなくなってしまいます。書き込み慣れをしている方は、30分弱で長い文章をさらっと書けるようですね…。ブログも書き続けていると、文章が上達するとはよく聞きますが、老体にはちと難しい?

 

最近はインスタに力を入れるようにはなりました。インスタでも匿名で顏出しなしですが、生活や庭の様子を画像でアップするとなると、人に見せられるようにとセンスを意識するようになり、オサレ度0の私でも力んでしまいます。そしてハイセンスなインスタグラマーの方々の実況中継や、服装やインテリアやガーデニングの洗練された画像を見ていると、私も頑張らないとと思ってしまうのです。とはいっても私は、服よりもガーデニング雑貨や生活用品にお金をかけたいという思いが強いので、その路線は今後も変わらないとは思います。そもそも引きこもり気味なニートだから、オサレして主婦友とランチすることもほとんどないために、オサレ着を買っても着ていく場所はないのです。オサレ着が必要となるのは、学校参観や、子供を病院に連れていく時など位です。

 

引きこもりニートが珍しく行なった外交努力について、以下報告致します。

f:id:dw335224:20170526095842j:image

読者の皆様は、この道具をご存知ないかと思います。これはジョレといって、農業用水路や側溝の汚泥をすくうのに使う道具です。我が家のある分譲地には下水道が通っていなく、家を建てる時には浄化槽設置が義務づけられています。生活排水は浄化槽に一旦流れて濾過されて、その水は側溝から農業用水路(以下どぶと記す)流されます。近所の田畑を所有している方とこのドブを共有しているために、農家でなくとも浄化槽があるならば年に一回ドブ掃除に参加しないといけません。先日私がこのドブ掃除に参加してきました。

 

このドブ掃除があるまでに、みなさん自身の田の周りのドブは一通り綺麗にされているようです。だから当日はやることはほとんどありませんでした。掃除の合間にお世話役のご近所のお爺さんから色々とお話を聞くことが出来て、それはそれでよかったです。私の住む分譲地は自治体にも入ってないために、ドブ掃除といった行事でもないと、ご近所でも顔を合わす機会がないのです。昨年のドブ掃除は夫に出てもらったために、私はそのお爺さんと初対面でした。

 

👴「あんたんとこの子供さん、学校行くときや帰る時に見かけるけど、何を作ってるんですか?とか色々興味持って聞いてくれるよ。」

これは初耳でした。

👩「うちの子、きちんと挨拶してますか?」

👴「この間、一番下のちっこい女の子がサヨウナラと言ってくれたよ。」

👩「よかった〜。ちゃんと挨拶してるんかと思いよったから。」

 

他にも色々と話を聞いたのですが、この一コマで、かなりホッとしたことでした。親は接点なくとも、子が近隣の方と接点を持ってくれていて、その事で助けられた例です。

 

実は新天地に来た当時、我が子が私道を通っていてご近所さんに注意された事もあるんです。田舎はまだ道路が十分に整備されていなく、私道も各地にあります。私道を通る事がそこまでいけないとは親である私も知らなかった事でした。

 

田舎であろうと都会であろうと、その地域で決まっているルールがあります。どこでも通用するルールと、その地域でだけ暗黙の了解となっているルールもあったりします。そうした地域のルールは古参の方に聞いてからでないと、新参者には中々見えてきにくかったりします。全体像を把握しなくてもいいけれど、せめてご近所の方とは程々に接点もつ必要があると、今回の事があって思ったことでした。 

 

  

広告