子沢山かあちゃんの牛歩

Freies Material☆Japanese landscape☆public domain

クリックで救える命がある。

ブログ

このブログをどうしようか迷い中。最近インスタにはまっている。インスタはどちらかというと画像投稿がメインで、見るのも投稿するのも、あまり時間がいらない。画像投稿用にブログを利用されている方もおられるけれど、ブログは文章力を競う空気感がなきにしもあらず…?つい楽な方に流れてしまう性格なので、最近はもっぱらインスタのアイコンばかりをクリックしてしまう。

 

ただブログのいい所は、独自ドメインを取得すれば、ネット上で自分の土地を持てる点。インスタにしろツィッターにしろ、アカウントを取得して、画像や文字をいくら投稿したとしても、それが無料会員である限り、いつまでも無料掲示板に貼り紙し続けている感じがする。

 

ブログだって貼り紙と変わりないかもしれないけれど、独自ドメインを取得していれば、自分のものという意識がより強く持てる気がする。アクセス数なんてなしのつぶてだし、誰に見せたい訳でもなく、自己満足の世界にはなるんだけれど、ブログアカウントに関しては愛着がわいてきているのか、今回書き込みしない期間が長く続いたのだけど、アカウントを削除する気持ちにもなれない。

 

以前、ツィッターアカウントとブログを連動させたのだけど、それも切り離した。SNSやブログを長年続けてきて、ある時はミクシィ、ある時はフェイスブックやツィッター、そしてブログから今はインスタと、常に何かの媒体を利用してネットとつながる生活を続けてきている。

 

私的には、それらのアカウントを連動させるよりも、切り離して活動した方が、ストレスなくネットとつながる事ができる。そしてツィッターにしてもブログにしてもインスタにしても、そこを気に入って長く活動しているユーザーが作り上げた空気が、微妙に違っている。だからアカウントも、その空気を読んでイメージを変えたりもする。そういう意味でも、連動させない方が無理にならない。ネット上で誰かとつながる訳ではないけれど、一応空気は読もうとはする。

 

こうしてまた久しぶりにブログに文章を書きこみして思うのは、私はネットが好きでたまらないんだなあということ。仕事でしている訳でもないから、責任も重くない。まあデメリットは、ネット世界にあまり入ってこない家族にとっては、私がネットに作り上げたアカウント達がが煙たい存在になるかもしれない。

 

まあいくらネット上に画像や文章を投稿したとしても、その人の人となりを語る時にリアルの印象に勝るものはない。常々書いてきたように、私は人に好かれるタイプではないから、背伸びしようとも思わなく、ネット上でもリアルでも飾ろうとする気はない。

 

ただインスタは、投稿する画像を選んでしまうなあとは思う。まあその画像も自身ではなく、庭の植物や子供の後ろ姿だったりするのだけれども…。

 

夏休みになり、8月に入ったところ。まだ生きアカということをアピールするがごとく、記事をアップしてみた。

広告