子沢山かあちゃんの牛歩

人生の軌跡 フリー素材

広告

アトピーとおたふく

広告

うちの長男、病院嫌いなんですよ。注射や血を見るのが怖いからといった強迫神経症的な理由ではなく、ただ単に面倒だからなんですがね…。姑に何度も連れて行くようにお願いされたこともあり、ようやく昨日皮膚科へ行ってきました。

 

長男は元々アトピーもちではなかったのですが、他の子に比べると乾燥肌かなとは思います。この2、3年、上半身や首まわりをかく姿をよく見かけるようにはなりました。ちなみに長男は高校一年生で、顔や背中にニキビもできています。夏は汗疹もできていて、痒みをもたらすのがニキビか汗疹なのか分からない状態です。皮膚をかきすぎるためか、首まわりは一部鮫肌のようになっています。

 

昨日皮膚科に行き、まずはかきすぎて厚くかたくなってしまった皮膚を改善していく必要があり、数日アンテベート軟膏をべったりと塗って下さいと言われました。ヒリヒリする部分には保湿のためにヒルドイドローションを処方されました。ニキビ肌には全体に塗布するためにベピオゲルが、局所に塗布するためにゼビアックスローションが処方されました。内服薬に抗アレルギー剤のビラノア錠が処方されました。

 

初診で院外処方だったこともあり、病院と薬局で合わせて3000円近くかかりました。今後継続的に受診しないといけなくなりそうです。医療費助成が中学生までだったので、昨年に皮膚科に行っておくべきだったと少し後悔です。

 

まあ昨年まではサッカーと学校と塾で、暇な時間は殆どとれない状況ではありました。学校の友達とちょくちょく遊びに行くようになったのも高校になってからのことではあります。

 

病院行き、重なるときは重なるもので、次男が火曜日におたふくになりました。朝起きてきて片っぽのほっぺが腫れていることを本人が訴えてきました。熱はなかったから単なる耳下腺炎の可能性もあるかなと思い耳鼻科へ行きました。反対側も腫れてきているからおそらく流行性耳下腺炎でまちがいないとは言われましたが、血液をとり抗体を調べて確定診断を出してくれることにはなりました。

 

男の子は思春期以降におたふくにかかると、睾丸炎になり不妊の原因にもなりかねないから気をつけた方がいいようです。耳鼻科の先生に大丈夫か聞いたら、まだ毛が生えてなかったら大丈夫と言われました。早い子は小6になり生えてくるので、まだおたふくにかかっていない子供さんは、予防接種をおすすめします。ちなみに長男は小さい頃におたふくになりました。

広告