子沢山かあちゃんの牛歩

Freies Material☆Japanese landscape☆public domain

クリックで救える命がある。

ずっしりとくる

(毒吐き掲示板)

最近肩こりがひどくて、軽い頭重感がずっと続いている。ロキソニンを飲むほどではないから、まだましといえばましなのだろうけれども…。今朝は涼しく、エアコンをつけていた寝室よりも廊下の方が気温が低い感じがした。おたふくで欠席した次男以外は皆、学校へ登校していった。

 

午前中に帰宅した長女が、物凄くイライラしていてあたってくる。ちょうど反抗期に差し掛かっていて、時に手のつけようのない事がある。今日もそんな日で、悪態をついて一悶着あり、さっき友達と出かけていった。子供に激しく反抗されると、心理的にダメージを受けて、消耗してしまう。心を整えるべく、こうしてブログに綴ることにした。

 

中学時代、長男にも少しは反抗期はあったけれど、そこまで激しくなかった。中1の時は祖父母宅で生活していて、後半2年間も色々と忙しくて、家で気持ちを発散する時間さえも中々なかったように感じる。

 

反抗期があるということは、成長している証拠でもあり、多少は親に感情をぶつける経過も辿らないと、大人になってまずいことになるとは言う。通過儀礼であり、親的には正念場なのかもしれない。反抗期だけでなく、長女に関しては頭を悩ますことも多い。育児に夫がかなり協力的だから、救われている面もあるのだけど。

 

育児ストレスと肩凝りって似ているなと思う。その感覚を一言で表現するならば、「ずっしりとくる」感じ。肩凝りは肩の上に重しがのっている感じで、そのために偏頭痛がおこるのだけれど、育児も一緒のような感じ。それにストレスを感じると、悩みが心にのしかかり頭痛を引き起こす。そしてずっと付き合っていかないといけないということ。

広告