子沢山かあちゃんの牛歩

Freies Material☆Japanese landscape☆public domain

クリックで救える命がある。

冬越しとオベリスク

昨日買ったSALE苗

○コンロンカ(ハンカチの木)←そういえばインスタの写真家が画像をアップしていたなあ。

○ノボタン

 

去年の冬、ボトルツリーを外で管理していて、葉が全て落ちて枯れたかと思うと、春になり芽吹いた。

f:id:dw335224:20170908001248j:image

冬越しできたという事にはなるんだろうけれど、今年の冬が大丈夫かは分からない。室内でみるのがベストかな。でも私は鉢植えの植物を室内に持ってくるのは好きではない。床上にはあげたくないし、玄関の横のシューズクロークに植物を並べるにも場所をとる。子供がサッカーした後に帰ってくると床がざらつくのも気になる。(だからといって家はピカピカではないのだけれど…。)それもあって土や砂が室内に入る事がなんとなく嫌だ。昨年は何の知識もなく、冬越し対策はしてなかったにもかかわらず、冬になると全部枯れてしまったブライダルベールは、春になるともりもり茂った、地植えしていたカリブラコアやシクラメンは一部枯れはしたものの花をつけた。

 

戸外でも出来る越冬対策を、ネット検索すると、地上部が枯れてしまう植物には土をかけるといいそうだ。霜があたらないように軒下に鉢を移動するのもいいらしい。ウッドデッキの下に鉢を移動させるのもいいのかもしれないけれど、時々日光浴させるために移動させないといけない?

 

私の母方の祖父母宅には四畳程のガラス窓の温室があり百合を沢山栽培していた。簡易型のビニールハウスを裏庭に作るのもありかもしれないが、私が住んでいる場所は、強い風が吹く日も多い。プラスチック製の空の植木鉢がよく転がる。ビニールハウスを作っても、よほどしっかりしたものでないとビニールが飛んでいってしまいそうだ。

 

この夏SALEで手に入れたガーデニングファーニチャー↓

f:id:dw335224:20170908100727j:image

オベリスク

f:id:dw335224:20170908101028j:image

楕円形と壺状の鉢

f:id:dw335224:20170908101204j:image

2人がけ椅子

 

オベリスクにはオーシャンブルーをつたわせているが、真夏に移植し一旦枯れて復活したものなので花をつけない。このオベリスクがよく倒れて困る。今朝も倒れていたので横に椅子をおき固定した。オベリスクの柱四ヶ所が埋められるように深い鉢を購入しようかと考えたけれど、かなり大きい鉢を買わないとならない。オベリスクを深く埋めて固定できるように、花壇に盛り土して、ブロックで囲んで背の高い花壇を作り直そうかと検討中である。

 

 

 

広告