子沢山かあちゃんの牛歩

人生の軌跡 フリー素材

広告

ガーデニング(備忘録)

広告

台風の影響なのか風が強く吹き、ブーゲンビレアの花びらが、グラウンドカバーの植物に舞い落ちていました。

 

f:id:dw335224:20170915101144j:image

ハイビスカスがまた開花しました。冬越しを考慮し、鉢植えにするべきであったし、他の植物とのバランスを考えると、こんな所に地植えしないものなのかもしれません。真夏の時期に、2鉢購入したのですが、一つは熱と乾燥のせいか枯れてしまいました。

 

奥に見える芽は、白い彼岸花です。今年も花壇に新しい植物を色々と植えたのですが、土を掘り起こす時にいくつか球根が出てきました。一応埋めなおししたのですが、無事に芽が出てくると嬉しいですね。ちなみにこの花壇には春咲きのフリージアの球根も植えてあります。何れも入居時に義親が植えてくれました。

 

実は私、花を終えた球根は、埋めっぱなしにしていてもいいのかと思っていました。でも翌年の花付きをよくするためには、一旦球根を掘り上げて保管した方がいいということを、近所の年配者の方が教えて下さいました。面倒な気もするけれども、茎が残っている時に球根を引っ張りださないと、どこに何が植わってあるか正確な場所も分からなくなるから、実は掘り上げした方が面倒ではないかもしれませんね。とはいってもズボラな性分の私です。また埋めっぱなしにしてしまいそうです。

 

f:id:dw335224:20170915105054j:image

 

ブーゲンビレアは花期が長くて嬉しくなります。7月初旬から花がつくようになり、盛りを迎えたのが8月下旬です。台風の通過で、花落ちしてしまいそうですが…。

 

f:id:dw335224:20170915105424j:image

長女の希望で、今年は初めてオジギソウの種まきをしてみましたが、花を咲かせたのがこれだけです。種が入った袋の説明書きに栽培の難易度高めとありまして、上手に育てるのが難しいことは今回のことで分かりました。同時期に向日葵の種まきもしましたが、こちらは逞しく生長してくれて手間いらずでした。背後に見えているのがキャットテール。ほっこりさせられる可愛い植物です。

 

f:id:dw335224:20170915110004j:image

f:id:dw335224:20170915110015j:image

 

シソに実がなりはじめました。人よりもずっと季節時計に忠実に生きている植物たち。背筋を正さないとという気にさせられますね。

 

f:id:dw335224:20170915110221j:image

 夏場、ミニバラは虫食いにやられて、葉がスカスカになったのですが、このミニバラは綺麗な状態です。季節の影響なのでしょうか?ミニバラはいくら虫害にあっても花を何度もつかせるから、庭の彩りに一役かってくれ重宝します。

 

 

 

 

 

 

広告