子沢山かあちゃんの牛歩

Freies Material☆Japanese landscape☆public domain

クリックで救える命がある。

腐った卵焼き

今朝、昨日の卵焼きの残りを、朝食に出したのですが、次女が口にして異変を訴えました。

 

👧🏻「なんかネバネバしてる。」

👩🏻「ちょっと待って〜。」

 

次女が口から出した卵焼きを、私も試しに口にしてみました。卵焼きの味はしなくて変な臭いがします。箸でつかんでみると糸までひきました。

 

これはまずいと思い、それ以上は食べさせなかったのですが、私も危機感をもちうがいさせたりしなかったので、次女を学校へ送り出した後に不安になり、ネット検索で色々と調べてみました。何もなければ取り越し苦労だったという事になるのでしょうが、もし食中毒になってしまったら、大変なことになります。

 

色々調べてみて 

・腐敗菌は臭いや粘りを発生させるのだけれど、食中毒の原因となる毒は発生しない。

・腐ったものを食べても食中毒の原因にはならない。

・食中毒の原因は見た目や臭いではわからない。

ということは分かりました。

 

 

卵の食中毒を引き起こす代表的な菌として「サルモネラ菌」があります。十分に加熱していれば菌を死滅させられるらしいのですが、今回の卵焼きはやや半熟気味だったのです。

 

サルモネラ菌の潜伏期間は食後12時間〜2日間だそうです。その間に何もなければ、よかったという話になるのですが、しばらくは心配にはなります。

 

じゃあ腐ったものを口にした後に、何をしとけば良かったのでしょう。

・うがいをする。

・梅干しを食べる。

・緑茶を飲む。

・酢を飲む。

・シソを食べる。

・大根おろしを食べる。

といった解毒方法があることが分かりました。

 

 

そして番外編、食中毒になった人の体験談のまとめサイトがありました。結構参考にはなります。1つの病名でも、症状や経過は人それぞれで、様々な人の体験談が、ネットでまとめられていると便利ですね。

 

👉食中りすると一番恐ろしい食い物 : 哲学ニュースnwk
http://blog.livedoor.jp/nwknews/archives/4098297.html

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

広告