子沢山かあちゃんの牛歩

Freies Material☆Japanese landscape☆public domain

クリックで救える命がある。

雑記

いつまでこんな事を続けるのかといったところ⁉️ずっと好きで見てきたネット世界で、稼ぐことは出来ないものかと、ブログ運営をはじめたはいいけれど、収益を上げるのは中々難しいことは分かった。地域や店や観光地の名称を記事にあげて、ブログネタにすれば、PVアップにつながるかもしれない。そうなると、店や観光地を運営している方に許可をとり記事にアップしないといけなくなるのかな〜とか、足を運ぶのも面倒だなあとか考えてしまう。山や湖や公園や史跡ならば、許可を得なくても、記事にアップできそうだけれども…。

 

画像メインのサイトにするならば、画質のいい写真をアップしているサイトが、当然PVものびてくるのだろうけれど、そうなると今よりもいいレンズやカメラを手に入れようという欲が出てくるかもしれない。

 

私と同じ事を考えている方は既に沢山いらっしゃって、日本ブログ村の地域別ランキングを見ると、私の住む県に5000人ものブロガーさんの登録があった。ブログだけではなく、各SNSで積極的に活動されている地域の方は沢山いらっしゃる。

 

あの分野でもこの分野でも、既に先行者が沢山。顔出し名前出しされているユーザーさんで優秀な方は、企業が運営するサイトやブログサイトに公式ライターとして取り上げられやすい。匿名、顔出しなしのユーザーさんで、優秀な方は沢山いらっしゃるけれども、実名を明かしているユーザーに比べると、格下扱いされるような気がする。その分、書き込みしたことの責任逃れがしやすい立場なのだとは思う。

 

この先ネットで活動していくにしても、匿名顔出しなしのスタンスは変えていかない。10年以上そのスタンスでネット活動をされている方々をお手本にはしているつもりである。昨日FBを久しぶりに開いて、友達かも⁉️に昔の同級生があがってきたけれども、足跡が残るのが嫌だから見に行かなかった。女の人は、中年にもなると、生き様が人それぞれになる。結婚したけれど失敗した人もいる。未婚だけれどキャリアを着実に積んでいる人もいる。結婚しても子供を産まない選択をした人もいる。子育てでつまづく人もいる。心に痛手を負わずに、または負わせずに、この歳までこれた幸せな人も少なくはなると思う。そういった側面があるのだということも踏まえて、皆同窓会に顔出ししているのかもしれないが、その集いが和やかな時間になるとは限らない。集団になると、必ず水面下でマウンティングがなされる事に気疲れする。コネやツテ作りのために同窓会に参加されている人は、生活がかかっているからそれどころじゃなく、自分にとってメリットになる相手にはチヤホヤするのだろう。

 

私は人付き合い自体が苦手だから、仕事を始めるにしても、単純作業ですむような内容を選ぶつもりだ。少額ではあってもブログで安定した収入が得られたのならば、子供に残せる資産になると思って、ブログを始めたのだけれども、画像メインのサイトを立ち上げてPVの伸びをみて、収入が得られそうになければ、本格的にパートに出ることを考えないといけないとは思っている。

 

 

 

 

広告